弁護士紹介

鈴木 茂生 Shigeo Suzuki

弁護士 鈴木茂生

略歴

 東京都出身。東京都立杉並高校卒業後、青山学院大学法学部私法学科へ進学。品川区役所勤務を経て、1992年に司法研修所入所(46期)。1994年弁護士登録。野田純生法律事務所(1994~1995)を経て、1995年に父鈴木薫弁護士と共に鈴木薫法律事務所設立。財団法人評議員(2001~)、上場企業監査役(2003~)、青山学院大学法務研究科客員教授(2006~2010)、第二東京弁護士会副会長(2007~2008)、医療法人監事(2008~)、第二東京弁護士会広報室長(2014.2~2017.3)東京都弁護士協同組合専務理事(2017~)

メッセージ

 私は、これまで企業法務を中心に、一般民事、相続・離婚など様々な事件を扱ってきました。訴訟に関しては、租税訴訟や特殊刑事事件(脱税・贈賄)といった比較的複雑な事件も扱ってきています。
 司法研修所時代に教官から、「事件の当事者の胸にはヤリが刺さっている。」と指摘されて以来、私は、相談にあたっては、法的なアドバイスはもちろんのこと、カウンセリング的な側面も含めて親身に応えることをモットーとしています。



  

稻川 静Shizuka Inagawa

稻川 静

略歴

 千葉県出身。千葉県立東葛飾高校卒業後、慶應義塾大学法学部へ進学。同大学卒業後、慶應義塾大学法科大学院へ進学、同大学院卒業。2011年に司法研修所入所(新65期)。2012年(平成24年)第二東京弁護士会に弁護士登録。
 2013年(平成25年)2月から鈴木茂生法律事務所勤務。
 2013年(平成25年)4月から2014年(平成26年)9月まで原子力損害賠償紛争解決センター調査官。2017年(平成29年)5月から同センター調査官に復帰。

メッセージ




 法的トラブルに見舞われた際に、気軽に助言を求めることができるような存在になりたいと思い、弁護士を志しました。弁護士の「弁」は、本来言葉でもって人と人との争いを収めることを意味する「辯」という字ですが、この字が表すように、依頼者の方の話を理解し、その思いを的確に法的主張に言い換えて紛争を解決できる弁護士であろうと心掛けています。

髙澤 和也Kazuya Takazawa

髙澤 和也

略歴

 東京都出身。慶應義塾高等学校卒業後、慶應義塾大学法学部へ進学。同大学卒業後、慶應義塾大学法科大学院へ進学、同大学院卒業。2013年(平成25年)に司法研修所入所(67期)。2015年(平成27年)弁護士登録。
 都内法律事務所での勤務を経て2016年(平成28年)4月から鈴木茂生法律事務所勤務。

メッセージ

 依頼者のお話をよくお聞きし、誠実に、かつ迅速に対応することを心がけております。依頼者の皆さまにとって身近で相談しやすく、大事な案件を安心して任せられるような存在になれるよう精進していく所存です。
 未熟者ではありますが、日々研鑽を重ね、一つ一つの案件に真摯に誠実に取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。