事務所紹介

事務所の沿革

当事務所は、1995年(平成7年)に鈴木茂生弁護士が、父であり元検事の鈴木薫弁護士と共同で事務所を開設(鈴木薫法律事務所)することにより発足しました。

その後、2008年(平成20年)に鈴木茂生法律事務所に改称後、中島千絵美弁護士、稻川静弁護士、そして2016年(平成28年)4月、髙澤和也弁護士の参加により現在の体制となり、以降、この体制で業務に邁進しております。

  

ご挨拶

当事務所は、弁護士4名で運営しております。

企業法務を扱う法律事務所としては比較的小規模ではありますが、所長弁護士が弁護士として培ってきた豊富な経験と所属弁護士の得意分野の強みを掛け合わせ、質の高いリーガルサービスを提供していくと共に、中小企業や個人の方にとって気軽に相談できるパートナーであることをモットーとしております。